イメージに合う背景を考える

季節の商品を紹介しよう

春に売り出す商品だったら、桜の前で撮影するのが良い方法です。
すると写真を見たお客さんが、すぐ春に関連する商品だと分かってくれます。
夏だったら、海などを背景にするのが良いですね。
秋は紅葉など、季節によってふさわしい背景があります。
シンプルな写真を心がけるのは良いですが、背景が白いだけの写真では魅力がありません。

被写体が同じでも、背景が変われば雰囲気も変わります。
いろんな背景で撮影して、お客さんに見せるのも良いですね。
たくさんアピールすることで売り上げを伸ばすことができます。
またイメージに合う背景がどれか分からない場合は、とりあえず気に入った背景の前で撮影してください。
撮影してみれば、合っているか分かります。

背景と被写体のバランス

背景を組み合わせる場合は、被写体をどこに置くか考えてください。
中央に置くのも良いですが、端に置くことで雰囲気が変わります。
また写真を加工して、文字を入れるのもおすすめの方法です。
商品を撮影する際は、名前を記載すると分かりやすくなります。
中央に被写体を配置すると、文字を入れるスペースがなくなってしまいます。

背景も見せたいのに、中央に被写体があると綺麗に背景が見えないかもしれません。
敢えて端に被写体を置くのも、撮影のテクニックです。
様々な位置に被写体を置いて、最も背景にマッチする場所を見つけてください。
慣れると背景を見ただけで、被写体をどこに配置すれば良いのか分かるようになります。
たくさん練習しましょう。


▲ TOPへ戻る