写真を上手く活用してアピール

おいしそうに撮影する工夫

飲食店を経営している人は、メニューの写真をお客さんに見せることで興味を惹くことができます。
たくさんのメニューをテーブルに並べて、真上から撮影してください。
オシャレに見えるので、良いアピールに繋がるでしょう。
1つのメニューだけを撮影する際は、近づいてください。
アップで取ると、よりおいしそうに見えます。
スイーツなどを撮影する時に、この方法を使っている人が多いです。

写真の表現方法をたくさん知っていると、お客さんに情報を伝える時に活かせます。
毎回同じような写真ではつまらないので、お客さんは遠ざかってしまうでしょう。
興味を惹くためには、新鮮な写真やオシャレな写真が必要です。
毎回角度や距離を工夫して撮影に臨みましょう。

透明感を演出しよう

ドリンクやゼリーなど、透明感があるものを撮影する機会があると思います。
暗いところで撮ると、透明感が失われます、
おいしそうに見えないので、光を入れてください。
窓際で撮影すると、光が綺麗に差し込みます。
人工的な光より、太陽の光を使った方が良いです。
光が差し込むと、キラキラと輝いて見えるのでお客さんの興味を惹くことができるでしょう。

窓際で撮影して、光が当たりすぎていると思ったら調節してください。
カメラでも、少し光を変えることができます。
いろんな光の量で、まずは撮影してください。
少しずつ変化させることで、最も被写体が綺麗に見える光の量を判断できます。
この場合も、正面から撮影しないで上や斜めから撮りましょう。


▲ TOPへ戻る